痩せたら汗をかかなくなった。太ってると汗かきになるのは本当だった

デブといえば、いつも汗をかいていて暑苦しいイメージが強いですよね。僕も例に漏れず汗っかき体質で、夏も冬も変わらないぐらい汗がダラダラ出てました。

冬は寒いから厚着をするのに、厚着をしたせいで汗をかいて寒くなるという悪循環。

自分はそういう体質だから、まぁしょうがねえか…。

と半ば諦めていたのですが、ダイエットで体重が13キロ落ちた現在、気付いたら汗っかきが治ってました。

【ダイエット経過報告】80kgを突破!ついに70kgに!やっぱり糖質制限ってすごい!

体重が10キロ減ったあたりから汗の量がかなり減った

汗の量が減っているのに気付いたのが、10キロの減量に成功した時期でした。

健康のために週に数回散歩してるのですが、いつもはその散歩から帰ってくると汗ダラダラ、息切れしてイスから立ち上がれないぐらいです。

でも、体重が80キロぐらいになったあたりから明らかに息切れしなくなり、歩いている最中の発汗量もかなり減っていました。

12月に歩いた時は全身びちょびちょになるぐらいだったのが、今ではシャツの首周りがちょっと湿ってるような気がする程度に。

歩く距離や時間は一切替わっていません。音楽を聞きながら40分ぐらいかけてゆっくり歩いています。

「代謝が悪くなったのでは?」と心配に思うかもしれませんが、激しい運動をした日はちゃんと汗をかけます。

歩くペースを少し上げたり、走ったりした日はちゃんと汗をかけているので、発汗しにくくなったわけではありません。

汗が必要な時に必要なだけかけるようになった

今までは、汗をかかなくてもいい時でも汗をかいている状態でした。

そもそも汗というのは自分の体温を下げるために出すものであって、四六時中汗をかいたり、ちょっと歩いただけで汗が出るのは異常です。

周りの人が「暑い~」と言いつつもシャツはサラサラだったり、ちょっと湿っているだけなのが本当に不思議でした。「なんでこいつらはこんなに汗をかかないんだ?」と。

僕の母は痩せ型で、やっぱり汗をあまりかきません。

昔、飼い犬の散歩で数キロ歩いて返ってきた時もあまり汗をかいていなくて、「そんなに歩いて汗かかないの?」と聞いたら、「え、こんぐらいじゃかかないでしょ~」と笑われてしまいました。

マジかよ!!!!

と心のなかでは衝撃を受けてました。世の一般人はそんなもんなのかと。

僕が同じ距離を歩くと、水をぶっかけたのかと思うほどびっちょびちょになります。

夏場なんて絶対にグレーのシャツとか着れなかったですからね。色変わっちゃうので。冬も同じで、パーカーを着てても汗をかいて、パーカーが湿るほどでした。

それが今では厚着をしても汗を無駄にかかないですし、ちょっと歩いたぐらいでは汗をかかなくなりました。

そもそも、なぜ太っていると汗をかくようになるのか?

最初は「代謝が悪くなっただけなんじゃね?」と思っていたのですが、調べてみるとやっぱりそうではない様子。

そもそも太っている人がたくさん汗をかくのは、厚い脂肪が邪魔をして、体内に熱を閉じ込めてしまうからだそうです。

肥満者が汗をかきやすい理由はいくつかあります。

人間は日常活動を通じて体内に多量の「熱」を産生し、この熱をたえず体外に放出して恒常性を保っているのです。ところが肥満者の厚い「皮下脂肪」は熱の体外への放出をブロックして、体温を上がりやすくするため、その体温を下げる手段としてより多くの「発汗」が必要となり、普通の人より汗をかきやすくなるのです。

しかも、肥満者は普段から運動をしていない人が多いため、ちょっと動いただけでも大量の汗をかいてしまいます。

肥満の人が汗をかきやすい理由 – 五味クリニック

たしかに思い当たる節がいくつかあって、ちょっと歩いただけで体がカーっと熱くなったり、厚着をすると尋常じゃないぐらい体が熱くなってました。

これも脂肪が多かったせいなんだろうなぁ。

現在は厚着をしても異常に体温が上がる感じはしませんし、マフラーを巻いても首元に異常な汗をかくこともなくなりました。

それともうひとつ、太っている人は単純に体重が重いので、体を動かすのに必要なエネルギー量が多くなり、汗をかきやすくなるとのこと。

重い荷物を持ってる人と何も持ってない人だったら、重い荷物を持ってる人の方が疲れやすいですよね。

僕の場合は10キロ以上も痩せたので、今までは10キロの荷物を持ちながら歩いていたということになりますね。恐ろしい…。

そう考えると汗をかかなくなるのも当たり前ですね。

痩せるメリットが多すぎる。次々に出てくる良かったこと

目標体重の70kgまではあと9kgとちょっとありますが、折り返し地点を迎えた今感じるのは、本当に痩せてよかったことが多いということです。

今回のテーマである「汗」に関して言えば、夏場はシャツ1枚だとびちょびちょで外に出られなかったので、かならずTシャツの上にワイシャツを着てました。

ワイシャツも濡れるのでしょっちゅう着替えてました。

まだ夏を迎えてないのでなんとも言えないのですが、今の状態を考えると、シャツ1枚でも外に出られそうで、本当に嬉しいです。

汗ジミが気になるので、シャツの色も白や黒以外は着れませんでした。グレーなんて絶対NGですよ。

でもこれからはいろんな色のシャツを着れますし、「好きな服を着たい」という目標に一歩近づけたので、とてもワクワクしています。

汗っかきが治ることで人とも接しやすくなりますし、着替える手間や着る服のレパートリーが増えるなど、メリットばかりです。

太っていて汗っかきで悩んでいる人は、思い切ってダイエットを始めてみましょう!!